うつ病電話カウンセリング

キキウェルメンタルヘルスサービスが運営する、
うつ病,、こころの病専門の電話カウンセリングルームです。

このサイトでは、ユカリズルームで対応可能なこころの病、障害などの症状や、
それらに対する一般的な対処法などについてご紹介しております。



不安な日々、眠れぬ夜・・・。一人で抱えこまないで。
聞かせて下さい。あなたのお話。
あなたからのお電話を心よりお待ちしています。

うつ病電話カウンセリング ユカリズルーム
カウンセラー 一同



今すぐ電話でカウンセリングを受けてみよう。  
  
 


初回のかたは最初の10分間無料です。

ユカリズルーム公式HPはこちら

詳しくは、ユカリズルームの運営会社
(株)kikiwell キキウェルメンタルヘルスサービスのサイト
ご確認ください。




*こころの病の症状や、発症の原因、対処法は、
クライエント様お一人おひとりにより異なります。
実際の電話カウンセリングでは、
このサイトに記載されたとおりの対処、援助が
行われないこともございますのでご了承ください。






どうぞよろしくお願い致します!
みなさま、いかがお過ごしですか?カウンセラーのあさくらゆかりです!

Afternoon Teaって名前のお店、ご存じですか?お茶や食事が楽しめるお店。
家具とか雑貨を販売している店舗もあります。
今ちょっと調べたら北海道から九州まで、お店がありました。すごいんですね~・

で、先日仕事の打ち合わせで出かけた先で、寄らせていただく機会がありまして・・・

私の中でAfternoon Teaといえば、クライエントのS様。
週に数回、人口透析を受けいているその方は、決して楽ではないその通院のたびに
大好きなAfternoon Tea でスコーンをオ―ダ―することに決めています。
おいしい紅茶とともに、思いっきり優雅な気分になって、その時間を楽しむのよ、とおっしゃっていました。

S様はカウンセリングのために私にお電話を下さり、
初めは人口透析のつらさを話して下さったのですが、
最後にはこのお店の「スコーンが、どんなに美味しいか」ということを私にイキイキと、
とても嬉しそうに語って下さいました。

そんなことを思い出しながら、いただきました。S様・・お元気でいらっしゃいますか?

さあ、今日も一日、笑顔で頑張ります。お電話、お待ちしております!

CA16MODS.jpg
人間を行動に駆り立てる原動力として「欲求」が挙げられます。

欲求は主に二つに分けられます。

「生理的な欲求」
食欲、睡眠欲、性欲など、本能的、根源的な欲求。
生命維持、種族保存の必要性に基づくもの。

「社会的な欲求」
尊敬や賞賛、愛情を求める欲求。
対人関係の中で満たされるもの。


欲求の段階説

アメリカの心理学者、マズローは、欲求に関して「発達段階説」を提唱しました。
低次のものからご紹介します。

1、生理的欲求
食べたい、眠りたいなど、本能的なもの。
生理的欲求は他の欲求よりも主要なもので、生命維持のため、優先的にあらわれる。

2、安全の欲求
自分の身の安全や安心を求めるもの。
良い健康状態、経済的安定、事故防止など、予測可能で秩序ある状態を得ようとする。

3、所属と愛の欲求(親和欲求)
自分を受け入れてくれる仲間や集団を求めるもの。
1の生理的欲求と2の安全の欲求が満たされるとあらわれる。
孤独、拒否、追放、無縁状態を恐れ、痛みを感じるのも、この欲求が存在するから。

4、承認欲求(自我欲求)
他人から認められたい、尊敬されたい、尊重されたい、というもの。
尊重には2つのレベルがある

低次のもの:他者からの尊敬、注目や権利などを得ることで満たされるもの
高次のもの:自己信頼感や自立性を得ることで満たされるもの。

つまり、他人からの評価よりも自分自身の評価が重視されています。
この欲求が満たされない時、人は劣等感や無力感を感じやすいといわれています。

以上4段階までを「欠乏欲求」といい、これらが満たされないと人は
不安や緊張を感じます。


5、自己実現の欲求
さて、最後の5段階目は「自己実現の欲求」です。
これは前の4つの段階から、精神的に一歩進んだ段階です。
自分の才能や能力を高めたい、可能性を開発したいなど
人間らしく豊かに成長しようとする欲求です。
自己実現の欲求に動機付けられた欲求を「成長欲求」と言います。



欲求の特徴

*人はこれらの欲求が満たされないとき、いわゆる「欲求不満」となります。

*人は満たされない欲求があると、それを充足しようとします(欲求満足化行動)。

*欲求には優先度があり、低次の欲求が充足されると、より高次のものを求めます。

*ある段階の欲求が満たされなくなると、一時的に段階を降りて、
 より低いレベルの欲求を満たしてから、また段階を上がって欲するものです。
 段階は一方通行ではなく、行き来できるものとされています。

*最高のレベルである自己実現欲求のみ、一度充足しても、より強く充足させようとします。



マズローは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生き物である」と仮定しています。
人間の様々な欲求が原動力となり、この世界を動かしているのかもしれません。



キキウェルメンタルヘルスサービス
うつ病電話カウンセリング
ユカリズルーム室長
あさくらゆかり

今日は、「コミュニケーションの本質 」について考えてみたいと思います。



■人類学者、進化生物学者 ロビン・イアン・マクドナルド・ダンバーは・・・

猿の毛づくろい(グルーミング)は、
ノミやシラミを取るといった直接的な道具的価値だけではなく、
協力関係を確認する、社会的コミュニケーションであると定義しています。
                       
ここで例えば、 集団の規模が大きくなると、
全員に毛づくろいをすることは物理的に不可能になります。

そこで!社会的情報を相互に交換する効率的な手段として
言語が進化したのではないか、とも定義しています。
猿の集団が大きくなって、全員との「毛づくろい」ができなくなったとき、
それに代わるコミュニケーション手段として生まれたのが
人間の「ゴシップ=言語」だったという理論です。




■認知考古学者 スティーブン・ミズンは・・・

「ホモサピエンス(ヒト)は言葉を持っていなかった。
意思の疎通は「音、歌」であったと思われる。
この時期、コミュニケーションを考える時、
何かを感じとれる、共感できるという能力が最も必要だったのではないか。
言葉の意味や話しの内容よりも
相手が醸し出す雰囲気や気持ちを今よりも多く感じ取ることが必要であったと思われる。」
と言っています。




コミュニケーションの本質は今も変わらないはずです。
言葉の意味や内容は大切ではありますが
「ここに電話するとなぜかほっとする」「なんだか楽しかったなー」という感想をいただくことも
私たち電話カウンセラーが目指すことのひとつです。
まずは気持ちを通わせることができるように努めていきたいと、いつも思っています。


キキウェルメンタルヘルスサービス
うつ病電話カウンセリング
ユカリズルーム室長
あさくらゆかり